ギャンブルとベッティングの違いとは?

ギャンブルは今や、一種の娯楽として、世界中の何百万人もの人々を魅了していますよね。人々がギャンブルを好む理由の一つは、リスクとプレッシャーを伴う不確実な結果にワクワクするからでしょう。というのも、結果を予測し、将来何が起こるかを推測するのは、人間の本性だからです。そして、ギャンブルが持つ不確実性こそが、ギャンブルの魅力そのものなのです。

しかし残念ながら、ギャンブルとベッティングを混同している人が多いのもまた事実です。もちろん、部分的には同じなのですが、ギャンブルとベッティングは異なる活動として分類できます。

そこで本記事では、ギャンブルとベッティングの主な違いについて説明しますので、ぜひ以下をご覧ください!

ギャンブルとは何か?

まず、ギャンブルについて説明していきます。ギャンブル活動とは、不確実または不明瞭な結果になる可能性のあるゲームやイベントへの賭けを指すものです。通常、より多くの利益を得ることを期待して、特定の金額を投資することになります。

この場合、ギャンブルゲームの結果は、ほとんど「運」に依存します。最近では、プレイ中にギャンブラーをサポートするノン・ギャムストップ・カジノ(non-Gamstop casino)を数多く見つけることができます。ちなみに、一番人気のある定番ギャンブルゲームには、ブラックジャック、バカラ、ルーレット、ビデオポーカー、クラップスなどのテーブルゲーム、オンラインカジノゲーム、プログレッシブスロット、ビデオスロットなどがあります。

一方、ギャンブルが合法である海外の国々では、ギャンブルは依存症を引き起こし、多額の損失をもたらすことから、ギャンブル行為を規制すべきだという意見もあります。

 

ベッティングとは何か?

ベッティングとは、実は、ギャンブルの一部なのです。ベッティングでは、あるイベントの結果を予測し、その結果に対して賭けを行います。通常、ベッティングは、2つの当事者間で組織的に行われます。この場合、片方の当事者が賭け金を設定し、イベントの結果を予測します。そして、もう片方の当事者は、その賭けに応じるか、プレイヤーにお金を支払うことに同意します。

もっと簡単に言うならば、例えばカジノです。カジノでは、ゲストプレイヤーに賭けを募り、正しい予測に基づいてお金をキャッシュアウトしますよね。これはベッティング行為と言えます。ちなみに、最も人気のあるベッティングは、競馬、スポーツ、カジノゲームなどです。

主な違いは何か?

ベッティングは、あるイベントの結果を予測し、賭けを行い、お金を得ようとします。一方で、ギャンブルは、純粋に「運」のみに頼るもので、確率論に基づいて行われます。つまり、ギャンブルはベッティングよりもはるかにリスクが高いのです。

また、ギャンブルではたびたび、プレイヤーにアドレナリンの放出をもたらしますが、ベッティングのオッズは悪くなります。ベッティングは、構造化された契約であるのに対し、ギャンブルは一般的な用語にすぎません。

さらに、ギャンブルはオンライン上で非常に人気があり、プレイヤーはオンラインでスポーツイベントに賭けることができるにもかかわらず、ライブでベッティングできる店舗(カジノなど)を訪れて、そこで賭けを行う方を好む傾向があります。

一昔前までは、ベッティング人気が圧倒的でした。しかし今日では、ベッティングとともに、スロットマシン、ルーレット、クラップス、シューティングバスケットボール、ポーカーなどのギャンブルゲームに興味を持つ人も増えています。その結果として、今では数多くのオンラインカジノが存在し、多くのネットプレイヤーはギャンブルに夢中になっているのです。